軽自動車を買うなら新車がベスト、その具体的な理由とは

軽自動車を購入するならやはり新車で購入するのがベストだと思います。実際、私も車を買い替える際に軽自動車をと考えていたのですが、後々のメンテナンスのことを考えると中古車は避けた方が良いと感じました。
というのも、中古車はどうしても年式や走行距離によって車自体にダメージが出てきてしまいますし、それによってメンテナンスの費用がかさんでしまうのです。もちろん、新車で購入したとしても定期的なメンテナンス、車検等の検査は必要になりますが中古車で購入するのに比べればその負担は最小限に抑えることができます。

過去に中古車の車検を通した際、軽自動車なのにも関わらず普通車並みの費用が必要になりました。そのケースの場合は、車の年式がかなり古かったということ、エンジンにも寿命が近づいていたということも関係しているのでしょうが、やはり車検の際の費用負担を考えると中古車を再び選ぼうとは思えませんでした。

最近の軽自動車は性能がどんどん良くなっていますし、排気量が少なくても普通車と同様の使用感で乗り続けられるものもあります。燃費もどんどん良くなっていますし、変に中古車を買って初期費用を抑えるよりもトータルコストを抑えることができるのです。もちろん、個々のケースで多少の違いはあるものの、燃費や家計への負担という面で車を選んでいきたいという場合には軽自動車がおすすめです。できる事ならより新しい年式、新車のものを優先的に選んでいくようにするといいでしょう。